アロマ、雑貨、フランス、日々のあれこれ...   ☆アロマティック・エスパス 「ローブルー」     


by bleu-aroma
カレンダー

<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

魔法使いはお好き?

ドイツに「魔女博物館」というのがあります。

そこに行った記念に、入り口のところで渡されて

自分の名前を記入した、なつかしい書類が出てきました。

f0115690_0164933.jpg




小さい頃から、魔法使いの物語が大好きだった私は、

喜んで、チケットを買って入場したのですが。。。

途中で、耐えられずに出てきてしまいました。

もっと夢のある、楽しい場所かと思って入ったのに。(=x_x=)

中世の頃、大規模な魔女狩りがあり、

「魔女裁判」にかけられた人たちの記録だったのです。

あまりにも、残酷な拷問の機械や、挿絵。。。

吐きそうで、息苦しくなってしまったのです。

魔女たちは、ハーブを使って、身近な人たちの

病気を治したり、占いをしたり。。。

私も、この時代に生きていたら、間違いなく拷問にかけられそうです。。。

「アロマテラピーをする人は、前世で魔女だったのよ~。」

と、あるヒーラーさんに言われたことがあります。(=_=;)

魔女と言っても、良い魔女も悪い魔女もいたことでしょう。

私は、現代の「良い魔女」でありたいな~。(笑) (^_^)v


以前、どなたかのHPで、

「魔女の条件」というのがあって、いくつかの項目を見ると

私もすべて当てはまってました。でも、けっこう私も、私も!

と、その項目に当てはまる人が後を経たなかったような。。。

「両手のひらに、Mの文字がある人。」

私も見てみたら、うわ!Mの文字!

でも、Mの人の方が多そうな気もするのですが。(^o^;




「魔女の薬草箱」という本には、

魔女の軟膏のレシピがいくつか載っていますが、(昔の文献)

えげつないですね~。(笑)材料のひとつに、人間の脂肪とか書いてますよ。

魔法使いのスープには、ヒキガエルだのコウモリだのが入っているとか

よく童話にも、書いてありましたよね~。

なんか怖いですが、何かの病気を治すのに

イモリの焼いたのがいいとか(←何だったか忘れました。。。)

現在でも言われてるし?、えげつなくても確かに効くものもあるんでしょうねぇ。

治るから飲め!と言われても、遠慮したいところですが。


「毒草を食べてみた」という本を読んだときは、

何を好きこのんで。。。と笑ってしまいましたが。

吐いたり、熱が出たり、しびれたり、という症状とともに載っていましたが、

それくらいですめばいいけれど、命を落としたりすると大変!です。

最初に薬草を食べてみた人ってえらいですよね~。

偶然、おなかがすいて食べてみたら、身体に良かった、

というのもあったのでしょうか???

昔は、病人が出ると、

その家の庭に、病気を治す植物が勝手にはえてきた

ということが「月の癒し」という本に書いてあったと思いますが

本当なら、すてき~!と感心してしまいました。


「魔女の薬箱」の最後のほうに、

「薬草を調べていると、どうしてこんなに人間の身体に効く成分ばかりが

含まれているのだろうと驚くほかない。

まるで、人間のために作られてきたかのように思われる。。。」

と書いてありました。

本当に、人間は植物に助けられて生きていますよね。(v_v;)




-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-30 00:55 | ハーブ

パリの漢方薬局

パレ・ロワイヤルで見つけた

漢方薬のお店です。

f0115690_23543045.jpg



このお店には、500種類以上の薬用ハーブティーがあるそうです。

私がお店で買い物していた時も、

地元のフランス人の人たちが、

胃腸が悪いだの、眠れないだのと症状を薬剤師さんじゃなくて

フィトテラピストさん(確か国家資格だったと思います)に

相談して、お茶を処方してもらっていました。

痩せるお茶!なんていうのもあって、パリジェンヌに大人気だとか。

ここで、精油も数本買うことができました。

精油は、単品もありましたが、ブレンドされたものもいいな~

と見ておりました。

元気を出す!とか、リラックスとか、いろいろありましたよ。

ここでは、薬草がメインかと思いきや、

ナチュラル化粧品なども数多く取り揃えてありました。

お店の人に、

日本から持っていった雑誌(フィガロだったかな~?)の切り抜きを

見せて、「この記事を見てきたんです。」と言うと、

「日本の雑誌の取材はよく来るのよ。」とのこと。

「写真がきれいに撮れてるわね~。」と、喜んでくれました。

持っていった切り抜きはなくしてしまいましたが、

別の雑誌にも、こんな風に載っているのを日本に戻ってから発見!

f0115690_044518.jpg


ページの左下のところに、私が写したお店の玄関と同じ場所が写ってます。

日本からでも、FAXで注文できそうです。


ところで、最近私が毎日飲んでいるのが、コレです。

f0115690_094076.jpg


数日前のブログにも書きましたが、

精油でオーラやチャクラのセルフチェックをしていたら、

免疫強化してくれるローズウッドだけでなく、

ホルモンバランスを整えるクラリセージやゼラニウムも

今の私に必要、と出たのですが、

やっぱり、そうきたか。。。という症状が身体の表面に出てきました。


そこで、ツムラの「中将湯」。

100年くらい昔からある漢方薬のお茶で、

日本の女性のあらゆる婦人病の心強い味方です。

20代のころ、激しい生理痛で苦しんでいましたが、

これを飲んで改善できた経験があります。

今回も、月経がらみで。。。まだ更年期障害には早いと思いますが、

早い人は、30代でもなるらしいし、

私も身体は無理をしないよう。気をつけなくては。。。

飲み始めて、まもなく1ヶ月。

薬のおかげで、だいぶ楽になったけれど、

これからも、しばらく飲み続けるつもりです。

更年期障害なんて、いつ来るのか?

または軽くて知らないうちにすませられるのか?

今はまだわかりませんが、

ずっとその日に備えて精油で乗り切るぞ~~~!

と思っていたけれど、それだけじゃなく今のうちから

いろいろなアプローチも必要ですね。


-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-28 23:55 | ハーブ

リセットすること

レイキを学んで、自己ヒーリングの大切さを知り、
さらに、さまざまなエネルギーワークを体験していくうちに、
以前からずっと考えていた
スピリチュアルアロマを仕事にしていきたい!
という思いが、どんどんふくらんで
早く、早く私はスピリチュアルアロマがしたい!!と焦りが出てきました。

その思いが頂点に達したとき。
私は、解剖生理学もしっかり学べるアロマスクールに
入り直す決意をしました。

なんで、今さら?
もう、とっくに資格を取って、サロンや病院なんかで
働いてきたじゃない?
アロマの勉強はもういいんじゃない?
これからは、スピリチュアル方面に、もっと磨きをかければ?
友人たちには、そう言われたけれど。。。
確かに、そうかも知れないとは思ったけれど。


スピリチュアル、スピリチュアル。。。。と
その道を探求?していくうちに、
なんだか私は、自分がシーソーのはしっこまで歩き過ぎたように思えて。

もう一度、真ん中の位置、原点に戻ってみたくなったんですね。
私が、一番やりたいことって何だろう?
そう思ったとき、
やっぱりアロマテラピーが、ハーブが好きだ!と再認識したんですね。

そうすると、
それまで、アロマテラピーを自分なりに学んだつもりだったけど、
まだ自分は、アロマテラピストです!と胸を張って言えないんじゃないか?
そう思えて仕方なくなったのです。

世の中に、素晴らしいアロマテラピストさんたちはたくさんいらっしゃる。
私は、まだまだその人たちの足元にも及ばない。。。

そして、あるアロマスクールの初級コースで
一からやり直すことにしたのです。(数年前のことでした。)

このままスピリチュアルな方向に走り続けていたら、
なにか勘違いした人になってしまわないだろうか?と、
バランスを整えたくなった、ということもありました。

学び直してみると、
あ~、やっぱり私って未熟者だったんだ。。。と、
思い知らされること続出で。

へこんでしまう事も多かったけれど。
でも、自分をみつめ直す、とても良い期間だったと思います。

そして、解剖生理学のテストに向けて、ノートをまとめている時、
心と身体がつながっている、という内容を再確認しつつ、
またまたスピリチュアルな世界に引き戻される感覚がありました。

解剖生理学の分厚い本を読みながら、
感動でウルウルしてしまったり。(笑)

人間の身体って、何か見えざる存在に生かされているんだな~。
感謝だな~。愛だな~。なんて思いながら。

血液の中を24時間異物が混入しないように
パトロールしてくれている免疫機能。

常に保たれている塩と水のバランス。
解剖生理の先生もおっしゃっていたけれど、
身体のどこかが悪くなると、
ドミノ倒しのように、絶妙なタイミングで連携プレーが行われるのですね。

私たちの身体を守ろうと、
必死に無償の愛で働いてくれる細胞と組織たち。

本当に感動ものだと思いません???

それなのに、それなのに。
いつも当たり前みたいに、ボロ雑巾のようにこき使ってごめんね。
わがままばっかりで、大事にしなくてごめんね。
自分の身体に謝りたくなりました。

身体の細胞や機能の中には、
もしかしたら、その身体の一生にはお呼びがないかもしれない。
それでも、そのひとつの身体が何かあったとき、
守るために、待機してくれているものもあるんですね。

なんか。。。人間の一生にも通じるものがあるなぁ。

その人の人生があまりにも地味で、目立たず、
何かの役に立っていないように見えていたとしても、

必要だから、今、その場所にいる。

無駄な人なんて、ひとりもいないんですよね。

免疫機能の司令塔、T細胞はエリートさんばかり。
細胞のエリート学校でデキが悪いと、破壊されてやり直し~なんですね。
身体を正常に保つためには、ミスは許されないのです。

病気には、
自分の中の一部なのに、敵だと勘違いして攻撃してくるものもあります。

そんな風に狂いを生じさせるものは、
実は、人間の間違った思いだったりすることもあるんですよね。。。

性格と、病気の現れ方にも方程式のようなものがあるようです。
自分は絶対に正しい! 自分だけは間違えない!
そんな姿勢で突き進んでいくと、
いつのまにか善が悪になってしまうことも。

解剖生理学の本の中で、
ミスをして破壊されるエリート=T細胞のことを
「他者を思いやる寛容というものを学ばなければならない。。。」
と、書いてあるのを読んで、

「まるっきり、人間の世の中のことと一緒だなぁ~」
と、感動で泣きそうになった私です。

思いつくままに、書きつづって、
何が言いたいんだか、わけがわからなくなってしまいました。(-o-;)

最後のまとめとして、
「私たちの身体の細胞ひとつひとつには、ちゃんと意識がある。」
ということで。

解剖生理学を学んで、はからずも
またまた、スピリチュアルな世界の必要性を感じた私でした。

ひとつの事に偏りすぎたときには、
時々は、空気の入れ替えのように、
立ち居地のポジションを変えるように、
違った角度から見直してみると、よく見えてくることがあります。。。



-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-27 23:44 | スピリチュアル

ベトナム風生春巻

パリで、日本のごはんが恋しくなったとき、

私は、日本料理屋さんではなく、

中華料理やベトナム料理を食べていました。

日本料理は、お高いイメージがあるし、

それほど食べたいとも思わなかったんです。


日本でのごはんが恋しいときって、私の場合は

あったか~い汁物が無性に食べたくなります。

(お味噌汁だと、お椀が小さいから物足りない???)

それで、チャイニーズ屋さんに行ったりしますが、

汁物以外は、あまり欲しいと思わないのです。

華僑の人たちって、その国によって、

微妙に味付けを変えて、

たくましくなじんで生き抜いていくようですが、

フランス人好みのチャイニーズ料理は、

どうやら甘めの味付けがお好みのようで。。。

日本国内では、どのお店に入っても、

まぁまぁチャイニーズはお口に合う私ですが、

フランスでは、オエ~~~~っとなってしまったことも。

へんに甘すぎるのよ~~~!味覚おかしいんじゃないの~!(;`O´)o

と、怒り狂いたくなるようなお味でございました。(-_-メ)


ベトナム料理屋さんの方が、

失敗がなかったように思います。(=^~^=)

そこで、すっかりはまってしまったのが

「ベトナム風生春巻き」でした。
f0115690_22115621.jpg


今でも、思い出すと、恋しくなるあの味!d(^-^)

あちこちのお店で、何本も食べました~。

この写真のは、蚤の市をブラブラ見ていたら、

ホットドッグ屋さんのように、そばで売っていたので

買って帰って、ホテルでじっくり味わっていただいたものです。


日本で、ベトナム料理を食べてもおいしいんですけどね。。。。。。

フランスで、食べたとき、何が気に入ったって!

あのミント!!!

すごく大きなミントの葉っぱつきの茎が

ド~~~ンと大胆に、太っ腹に?入れてあるのです。

もう、もう、おいしいったらないのです!ψ(`∇´)ψ

(写真の春巻きも、ミントの緑色が透けてみえてます。)

日本のベトナム料理では、ミントが入ってなかったりするお店も

あるし、なかなか思ったようなおいしいお店には

まだ出会えていません。(・ε・)


あの春巻きを食べるためだけでも、

フランスへ飛びたいくらいです。

。。。ん???ベトナムに行った方が、もっとおいしいのでしょうか?


-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-26 22:24 | フランス

REIKIヒーリング

レイキを知ったのは、アロマテラピーを始めた頃でした。

セミナーで、お会いした方がティーチャーさんだったのですが、

最初は、眉唾ものでしたね~。。。

あやしい宗教がらみに思えて。(ごめんなさ~い)

でも、そんな私もいろいろ考えることもあり、

数年経って、気がついたらティーチャーまで取得しているのですから、

先の事って、わからないものです。(笑)

私は、人にティーチャーとして、アチューンメントするようになりたかったのでなく、

自分自身のために、エネルギーの扱い方を知りたくて学びました。

教わったティーチャーさんも一人ではなく、

数人の方に教えていただきました。

ティーチャーさんによって、こだわりはいろいろですが、

一人の方だけに教わって、

こういうものだ!と、簡単に決め付けるのではなく、

様々な角度から、自分なりに消化していきたいな~と思ったのです。

レイキに限らず、

私は何を学ぶのも飲み込みが悪く、

スローテンポだし、時間がかかって、無駄も多く、

回り道ばかりしているような気もします。。。

いつまでたっても、半人前だし。

「ま、いいか、そういう人間がいたって。

  自分にできることだけをきちんとしよう!」

最近は開き直って、そう思うことにしています。





初めて、レイキのティーチャーコースで

アチューンメント(波長合わせですね。レイキを流す回路を開きます。)

を練習させていただいたのは、

初対面の男性でした。

いきなり、

「はい、今からアチューンメントしてね。」

と、引き合わされた本当に今、会ったばかりの人でした。


始まってまもなく感じたのは、

「病気の悩みだな~。。。」

ということでした。


でも誰が病気なんだろう???

と考えて、

あ、親御さんだ。。。え、両親とも???

うわ、ご本人も病気だったんだ。。。つらかったんだな~

と、感じたので、あとで聞いてみたら、

やはり、ご両親のご病気の悩みがあるのと、

ご本人も退院したばかり、とのことだったのです。

休む間もなく、

お二人目の男性は、

肩のあたりに手をおくと、カ~~~~~ッっと熱くなる私の手。

(必要なところには、自然にエネルギーが流れていきます。)

すごい肩凝りなんだ~。

終了後、

「肩凝り、すごいですよね~。」と言う私に、

「ええ、すごい肩凝りなんですよ。 肩が、カー!と熱くなりましたね~。」

とご本人も笑っていらっしゃいました。

そのあとの女性も初対面で。。。(内容は秘密)


それぞれの方々にアチューンメントの練習をさせていただいて、

「感じるものは、確かにそこにあるものなんだな~」

と実感させていただきました。


遠隔ヒーリングもおもしろいです。

以前、HPで無料のヒーリングのお試しを呼びかけたら、

数人の方がモニターさんに応募してくださいました。

レイキだけでなく、天使や女神、観音様などのエネルギーワークも学んで

試してみましたが、どれも興味深い出来事でした。


ヒーリングしていると。。。

ビジョンが浮かぶことが多いです。

そして、それを相手の方にお伝えすると、納得されるんですね。

たとえば、

白い着物を着た若い女性が、何かを一心に拝んでいる姿が見えて。。。

しかも、その女性は、今より少し時代が古そうな感じなんですね。

何だろう~~~???と思いつつ、お伝えしてみると

「思い当たります。叔母が私のことを、いつも拝んでくれているのです。」とか、


いきなり、ミッキーマウスがちょこんと現れて、

ディズニーの仲間たちと、パレードを始めた時、

「何なの~~~これ~???」と、自分でも吹き出してしまって、

こんなの伝えたって、笑われるだけだと思ったけれど、

相手の方は、

「あ、今、母を連れてディズニーランドに行こうか迷ってたんです。」

とか、言われて、

頭にふと浮かんだ、関係のないような事でも

馬鹿にできないんだな~。。。と思ったものです。


こういうエネルギーワークって、

アロマのトリートメントをする時にも、とても役立っています。


-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-25 23:58

古代のヒーリング

アトランティスや、

プレアデスがらみの本を読んでいると、

いろいろなヒーリングの仕方が

載っているのが興味深いのです。

アロマやフラワーエッセンス、タロットやクリスタル。。。

まだまだありますよ。そういうものが、どんな風に使われていたのか?

なども書いてあります。

信じる、信じないは別として、ただの読み物としても充分楽しめます。

そして、つくづく思うのは、やっぱり古代から

植物って重要なものだったんだな~ということです。

とりわけ芳香植物や薬用効果のあるものは

神に捧げる、重要で、神聖なものだったんだな~と思います。

「植物は、神と人間の橋渡し的な役割をしてくれる」

と、おっしゃる方もいらっしゃいますしね~。


アトランティスの時代には、

アロマテラピーが魂の癒しや、精神と感情のバランスを整えるために

いろいろな方法で使われていたそうです。

病気というものは、精神や感情のバランスが乱れたために

身体の表面に現れてくるものだ、という認識が

古代からあったそうなんですね。

私も、その通りだな~。。。と実感しております。


プレアデスのチャネリングの本の中にも、

アロマテラピーやフラワーエッセンスのことがこう書かれています。



アロマテラピーのことは、

精油が人間の身体をシフトさせる。。。

特定の感情は、生命維持に必要な内蔵器官と対応しているので

精油が、感情の錬金術として作用するようなのです。


フラワーエッセンスは、

自分の感情を認識する能力があれば、

波動を変化させることによって、体の症状は変えられる。。。

と書いてありました。



自分を変えることができるのって、

結局、他の誰でもなく、自分なんですよね。

自分自身で決めて。。。行動していくしかないんですよね~。

私も、どんどんセルフヒーリングしていかなくちゃ。。。



-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-24 23:59 | スピリチュアル

聖なる香り。。。

ひとくちにアロマテラピーと言っても

世の中には、さまざまな手法があります。

5~6年前(もっと前だったかも・・・)

『聖なる香り』サトル・アロマテラピー」を読んだときは、

その当時のアロマの本とは、明らかに質の違うものだったので

驚きました。

でも、いつも立ち読みばかりで、

今日こそ買おう!と決意して本屋さんに行ったのに、

いつもの場所にはなくなっていた時は相当ショックでした。

まさか、あれがなくなるなんて。。。パトリシア・デービスが書いた本ですよ?

それからも、何件も探し回ったのに見つからず、

ネットでも中古本が取り合い?になっているのを知りました。

元は、1800円か、1900円くらいだったのに

ネット価格だと2万円くらいでしたっけ?

でも、来月くらい?には、新たな翻訳で再発刊されるんですよね~。

とても待ち遠しいです。


私も、あの本を知ってから、精油のエネルギーを意識して

アロマとフラワーエッセンスを組み合わせるようになりました。

P・デービスによると、

フラワーエッセンスは、アロマの精油と似た波動で

精油の働きを強化してくれたり、

精油とは異なる波動で補ってくれたりするらしいです。

組み合わせは、ダウジングが一番らしいのですが、

私は、ダウジングやオーリングなどで精油を決めるのって

ちょっと苦手です。

練習したら、うまくなるのでしょうけど。

目に見えない波動を感じるのは、けっこう得意なんですけどね~。

精油の波動を感じたりするセミナーに参加したこともありますが、

ほんとにおもしろかったです。

今後、ダウジング(ペンジュラム使用)や、クリスタルを組み合わせた

アロマを始める人もどんどん増えていくのでしょうね~。

いろんな広がりを見せてくれそうで、楽しみです。♪




-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-23 22:24 | スピリチュアル

ペパーミントチンキ

自分で作ったハーブは、無駄にしたくないものです。

ペパーミントは、よくお茶にして飲んでいたのですが、

飲んでも、飲んでも、

次から次へと、はえてきます。

そのうちお茶を飲むのにも、飽きてしまって。。。

そこで、チンキ剤を作りました。

f0115690_041547.jpg


ハーブをアルコールなどに漬け、有効成分が抽出できるものです。

私は、ウォッカで漬け込みました。

使用法としては、

胃がもたれてすっきりしないときに、少量を薄めて飲んでみたり、

生理前のホルモンのバランスがくずれて

ニキビのようなものができた時に

コットンに含ませて、拭いたり。。。


もう残り少なくなっているので、

また作りたいのですが、

ペパーミントは、もう家にないんですよね~。。。

また、春になったら、種から育てたいです。(苗を買ってきてもいいんだけど)



-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-23 00:47 | ハーブ

心と身体

「心で感じたことは、身体に現れる。。。」

とは、よく言われる言葉ですが。

私の場合も、

隠しても、隠しても

アロマのトリートメントを受けていて、

セラピストさんに

心の内を見抜かれてしまったことがありました。


父を亡くした年。。。

私は、ショックで、皮膚もガサガサになりました。

その時は、まさかそれが原因だなんて考えもしませんでした。

肌が荒れたのは、亡くなってから数ヶ月経ってからでしたし、

いろいろお手入れしてみても、一向に治らないので

もう年齢のせいで、どうしようもないのか?

と思ってしまったほどでした。(まだ、そんな年でもないはず?だったのに。。。)


その頃の私は、

胸が打ったような痛みで、

いつも息苦しい感じがしていました。


「張り裂けそうな、胸の(心の)痛み」

って、こういう事だったのか、と思いました。


子供の頃、童話で読んだ

「お妃さまは、あまりの悲しみで

心が壊れて、亡くなってしまいました。。。」

という文章を読んだとき、

そんなので、人間って死んでしまうの???

と、すごく不思議だったけれど、

あ~、こういう感じなんだ、

と、身を持って思い知りました。



それでも、1年、2年。。。と経つうちに

少しずつ、ハートのチャクラは回復している、

そう、自分では思い込んでいたのに。


「身体が泣きたい。。。って、言ってますよ。。。」

と、おっしゃるセラピストAさん。


「胸のあたりに、悲しみが詰まってますよ。。。」

と、おっしゃるセラピストBさん。


セラピストさんたちには、何も言ってなかったのに。

ニコニコ笑顔で、

何の悩みもないように、明るい話題ばかり話していたのに。


心を丸裸にして、見透かされたようで

何も言い訳できずに、

思わず泣き出してしまった私...。


このおふたりのセラピストさんたちの

トリートメントは、

今でも、心に深く残っています。(時期も場所もまったく別です)


そして、

私は、普通に精油の効能だけに頼るのではなく、

筋肉の凝り具合のチェックだけをするのではなく。。。


その人の、心と身体を慈しむような、

その時のセラピストさんたちのような

深いアロマトリートメントを、私もできるようになりたい!

と思うようになりました。

(他の方のやり方を、どうこう言う気はありませんが。。。)


そして、アロマだけでなく

レイキ、フラワーエッセンス、ヒプノセラピー、タロット、

さまざまなエネルギーワークを

学ぶようになりました。

まだまだ、未熟だな~。。。もっといろいろ学びたいな~。。。

学べば学ぶほど、先は遠く感じます。

一生、学びは続くのでしょうねぇ。。。



-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-21 00:43 | スピリチュアル

ヘナ染め

ヘナをするようになって、

もう10年くらいでしょうか。。。

最初は、いつも行っていた美容院ですすめられて。

そのうち、自分でヘナの粉を買ってきて

自宅でも、好きなときにするようになりました。

f0115690_22112030.jpg


昔は、あまり良い粉じゃなかったように思いましたが、

最近は、使いやすいのがいろいろありますね。


ただ、あの匂いが、ちょっとだけ気になります。

(写真の右側のは、あまり強い匂いがしなかったです。)

それで、私はいつも精油を入れてます。

必ず入れるのが、

髪に良いといわれるローズマリー。

あと、その日の気分で

シダーウッド、ラベンダー、イランイランなども使います。

髪の痛みが、気になる人には是非。。。






-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-19 22:18 | ハーブ