アロマ、雑貨、フランス、日々のあれこれ...   ☆アロマティック・エスパス 「ローブルー」     


by bleu-aroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:スピリチュアル( 26 )

児童文学のベストセラー、
「西の魔女が死んだ」の映画を観てきました。
f0115690_22513474.jpg

これ、数年前に子供のためのお話だと思って読んだのですが
(って、私も読んでますが(^^ゞ)
大人にもすごく共感を与えた作品だったのですね~。
出版されてから13年程の間に、じわじわと売り上げを伸ばし
140万部も売れた大ベストセラー作品なのだそうです。

おばあちゃん役のサチ・パーカーは、あの!精神世界の先駆者?
大女優シャーリー・マクレーンの一人娘。
大の親日家であるシャーリーが日本に住んでいた頃生まれたので
日本の名前。12歳まで日本で育ったので、日本語もペラペラです。

最初、シャーリーの方に、この役のオファーが来たらしいのですが
多忙のため断った、と娘であるサチに電話があったそうで、
それを聞いた彼女が、「私がその役をやりたい!」と申し出たそうです。
実年齢は、まだ51歳の彼女。(↓下の写真の人です)
シャーリーから「あなたには、まだ無理よ。。。」と言われたけれど
頑張って、老け役に挑戦されたのだそうです。
f0115690_21342373.jpg


映画では、山の中の、おばあちゃんのお家、素敵でしたね~。
f0115690_2135343.jpg

私も、年をとったら(今からでも良いんだけど)あんな場所で
あんな風に、暮らすのが憧れです。

ちょっと先月、92歳(だったかな?)で亡くなった、
ターシャ・テューダーの雰囲気に似た生活でもありましたね。
同じおばあちゃんでも、西の魔女はもっと若いけど。

ハーブティーにさりげなく浮かんでいるカモミールのお花。
ミントとセージの大量のお茶を、畑に虫除けにまいたり、
毒にも薬にもなる薬草の話。(これは映画のシーンにはなかったけど)
手作りのワイルドストロベリージャム。
真っ白に洗いあがったシーツに香らせる、贅沢な生のラベンダー。。。

魔女の修行のお話も、可愛らしくて、微笑ましかったですね。
地に足のついた、本物の魔女のおばあちゃん!
という感じがします。

魔女好きな少女だった人には、ワクワクする内容です。

もちろん、ただそれだけの話ではなく、
少女まいの淋しさと、ひとりぽっちのおばあちゃんの淋しさも
絡み合って、心に響く深みのある作品です。


映画館から持ち帰ったパンフには、
「最後の3分、涙があふれて止まりません」と書いてありましたが、
私は原作の方が泣けましたね~。
主人公の少女まいが聞いた、亡きおばあちゃんのことば。
わかります~~~。
私も、父が亡くなった翌日に、確かに父の声を聞きました。
聞き間違いや、気のせいなんかじゃありません!
人は、肉体を失ったらおしまい、ではないのです。

清里に残る、映画のオープンセット。
是非、あの場所に行って、「西の魔女の世界」に浸って
みたいけれど、無理だなぁ~。。。

私の田舎のおばあちゃんのところも、かなりな田舎なので
私は、そちらで今年の夏も、自然と戯れてきます。

映画のセットは
来年の1月4日まで、一般公開されているそうですよ。



-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-


アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2008-07-08 23:23 | スピリチュアル
瞑想していて、受け取りました。


<ペパーミントの支配星=水星>

過去のいらない感情は、もう流してしまいなさい。

たとえ、心を踏みにじられても、

さわやかな芳香で、明るく強く生きるペパーミントを

見習いなさい。

ペパーミントの葉は、風が吹くと、ゆらゆら揺れて

とても頼りなげだけど。

でも、芯は、とてもしっかりしているのです。

いつまでも、被害者意識でいるのは、やめなさい。

ペパーミントのように、しなやかに、さわやかに。

周りの人たちの心にも、

スッキリ染み渡る心地よさを、感じさせる人となって

軽やかに、生きていきなさい。


-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-


アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2008-03-08 11:53 | スピリチュアル
時々、これはいったい何なんだろう?

と、不思議だった体験があります。

人に話しても、気のせいとか、偶然とか言われても

私にとっては、特別の出来事。。。

そんな体験のうちのひとつに、こんな事がありました。


父が亡くなる、ちょうど1週間前のことでした。

突然、ある存在に気がついたのです。

その日私は、父が入院していたベッドの横で

付き添って、本を読んでいました。

突然、何かがいる気配がして、

ハッ!として、本から目をあげると。。。

眠っている父の頭上に、何かがいるように思えたのです。

もちろん、何もいるわけがありません。

でも、目には見えないけれど、

確かに、そこに、何かがいるようなのです。

ベッドのヘッドボードのあたりに、腰掛けているように

私のもうひとつの目には見えるのです。

実際の視力とは、また別の感覚なのですけどね。。。


「死神?」と思った私は、

身を硬くして、心の中で、そいつを追っ払いました。

いやな波動は、出ていなかったのですが、

それでも、「お迎え」が来たように思えて、

まだ、父に逝ってほしくない私は、必死な思いでした。


それなのに。。。

その日から、その存在は消えるどころか、

ひとつ、またひとつ。。。と増えていくのです。

亡くなる前日には、

もうベッドの頭から、足の先、

それでも足りなくて、

病室から溢れでるほど、見えない存在の見物人?たちが

遊びにきているようでした。

「どうしよう。。。どうしよう。。。」

私は、オロオロするばかりで、

まったくの無力でした。



今、思うと。

それは、やっぱり父を迎えに来てくれた

ご先祖さま方や、天使さんたちだったんじゃないかな~。。。

と、思えるのですよ。

天使の存在を信じない人も多いと思いますが、

私はけっこう信じてるんですよ~。(^^ゞ

そんな天使との体験?も、また書いてみようかな。。。

気が向いたら、ですが。(笑)



アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-04-07 15:49 | スピリチュアル
スピリチュアルアロマと聞いて、

みんな、どんなものだと思うのでしょうね?

私自身も、

「目指すはスピリチュアルアロマ!」

なんて、書いてますが、

ひとくちにスピリチュアルアロマと言っても

手法は、さまざまだと思うのです。


私は、ただ興味本位で始めたわけではなく、

実際に、いろいろな体験があって

目には見えない、耳では聞こえないけれど

確かに、そこに存在していると思える何かを

無視してはいけない、と思うようになりました。


人の身体をさわらせていただいて、

自分自身で感じたこと、体験したことを元にして

そのうえで、セミナーなどで学んだ、

目に見えない世界のことを

自分なりに、まとめていって

私だけの?スピリチュアルアロマを

目指していきたいと思っています。

まだまだ、探求はこれからも続きます。

ここで終わり、もうわかったからいい、

という事はないと思っています。


なので、私のスピリチュアルアロマは

お客様と共に、築き上げていくものなのです。

その人、その人で

今まで生きてきて、

身に着けてきたもの、抱え込んできたものは違います。

そういうことを考えないで、

どの人にも、同じように

マニュアル通りにしても、良い結果は生まれてこないと思うのです。

基本的に、アロマの手技は同じような流れですが、

オプションで(目に見えない世界のことは、できるだけ無料にしたいのです)

させていただくヒーリングは、

いつも、まったく同じにはならないと思います。

まぁ、同じようなことはやっているかもしれませんが。

私も自分でやってみて、良さそうなことは

どんどん取り入れて、みなさまにも還元していきたいと思っています。


ただ、間違えて欲しくないな~と思うのは、

私は霊能者ではないし、

それを目指しているのではない、ということです。

ヒーリング以外にも、

リーディングや、チャネリングっぽいこともしますが

目に見えない存在に、まったく依存してしまう気はありません。

何かを感じるときもあれば、何も感じないこともあります。

無理に、何かを感じようとは思っていません。

チャクラや、オーラのクリーニングなどは毎回

そっとさせていただいています。

フラワーエッセンスで、波動を整えることも

忘れず取り入れています。



他人のやり方と比べて、良い悪いは関係なく、

私が、こんな事してあげたいな~?、

こういうのが良いんじゃないかな~?

と、楽しんでさせていただいているので、

自宅アロマでは、どうしても

お友達、知人ばかりになってしまいますね~。

まぁ、そういうサロンがあっても良いんじゃないかな~?

なんて、自己満足ではありますが。

自分のやっていることを、振り返り、振り返り

のんびり、ゆっくり

探求することを、自分のペースで、

これからも続けていきます。。。(*^_^*)


そして、雇われサロンでは

超現実的に、職人さんのように

せっせと、そのお店のやり方で

お仕事をこなしていきます。


メリハリがきいて、

それぞれの仕事の場を楽しめそうです~。♪♪♪





-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。


アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-03-11 12:33 | スピリチュアル

イメージ療法

今、ワイル博士の「癒す心、治る力」

読み直しています。

数年前に買って読んだ本ですが、1年に1度くらいは

引っ張り出してきて、気に入った箇所を部分的に読みたくなります。

医学博士なのですが、人間が本来生まれながらに持つ

自然治癒力にも注目し、

ご自分でも、いろいろ体験されているのが興味深いのです。



その本の中で、ヒプノセラピー(催眠療法)を受けた内容があります。

旅行中に、皮膚に痛みを伴う細菌感染をしてしまい、

自分なりに応急処置を施しても、どんどん悪化している彼を見て、

以前ヒプノセラピーで、腰痛が改善された奥さんが

電話で遠隔セラピーを受けることを提案します。

自分のため、というより奥さんのためにしぶしぶ受けたものの、

電話でセラピストに誘導されて、

自分で思いついたことを口にしていくうちに、

横で聞いていた奥さんは、博士を見て

紫色になっていた「皮膚の色が変わった!」と驚きます。

それから、24時間以内には全身の感染箇所が快方に向かったそうです。


そのセラピストさんは、最初ワイル博士の奥さんが

妊娠中の腰痛に悩まされていた時、腰痛に対するセラピーは

拒んだものの、出産の問題に対してワークしてみたい、と

体験してみたのが始まりでした。

お腹の中の赤ちゃんとコンタクトし、

いろいろ質問もして、答えをもらいます。(お腹の中の赤ちゃんから。。。)

予定通りに出産してくれるように頼むと、なんと赤ちゃんはOKしてくれるのです!

そのワークにすっかり満足した奥さんは、

そのまま、最初は断った腰痛のワークも続けてやってみます。

そして、セラピストの誘導に従って、

自分の身体と対話していくうちに、

完全に痛みが消えたことに、気がつくのです。

前回の出産が、長時間のうえ、難産だったため、

お産が軽くてすむように、予定日に産まれてくれるようにと

赤ちゃんとコンタクトして、承諾までしてもらえた奥さんは、(笑)

実際、そのワークを受けた日から出産するまで

いつもの腰痛もまったくなく、

赤ちゃんはちゃんと予定日に、非常な安産で(2時間ほど)

無事に生まれてくれたそうです。



これを読んでいると、私は作家の横森理香さんの

「愛しの筋腫ちゃん」という題名の、

彼女の子宮筋腫治療に明け暮れた日々を

書き綴ったエッセイを思い出します。。。

これも面白い本ですよ。

人の、実際に起こった体験談、というのは

読んでいる方も、ワクワクしてしまいますね~。(笑)



私自身もヒプノセラピーを学びましたが、それもしますが、

ヒプノセラピストの方が、自ら開発された「光の言葉セラピー」

という手法も、よく自分に使っています。

急に、身体のどこかが具合が悪くなった時、

応急手当てのような感じで、少しの痛みならすぐ回復してくれます。

「言葉による、身体の、いらないエネルギーの解放」

って、ほんとに馬鹿にできないんですよね~。。。




ワイル博士は、

「こころの介入の届く範囲を超えた身体症状はない」

という確信を、自らの体験からも語っています。

そして、

「心身相関を活用した技法は、他の方法に比べて

時間的にも、費用的にも効率がよく、害作用を及ぼしにくいので

これを使わない手はない、と思うのである。」とも。


不思議な話、ではありますが、

実際に病院などで、しかるべき措置を施すことも、もちろんですが、

こういう手法を取り入れてみるのも、

私も良いんじゃないかと思ってます。

何より、気分がリラックスできて、なんだか自分は大丈夫だ!

と、安心感が湧いてくるんですよね~。







-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-02-24 19:22 | スピリチュアル

ブルーの効果?

おうちサロン「ローブルー」のテーマカラーはブルーです。

ブルー、というよりは「水色」が好きなんですけどね。(^o^)

この色は、人間の身体の中心を走るエネルギーラインといわれる

7つのチャクラの5番目に対応する色でもあります。

「空」をも意味するそうです。

そして青い色は、大好きな天使ミカエルとも関連あり、なのです。



チャクラの5番は、コミュニケーションを司り、

身体の場所としてはのどの辺りの部分です。

チャクラのセミナーを受けたとき、

解放してあげるべき一番最初の部分が、

のど。という話だったと記憶しています。(たぶん。。。(-o-;))



そして、昨年の11月1日オープンした自宅サロンでは

とにかく、みなさん、よくお話して下さいます。

決して私が誘導しているわけではありません。(*_*;

ブルーの部屋に入るなり、いきなり「解放」が始まるようです。

どの人も、どの人も、です。

普段は、それほどおしゃべりじゃない人まで

いくらしゃべってもしゃべり足りない!という感じで

いろいろなお話を聞かせて下さいます。

私は、自分の心の中で判断しないように気をつけつつ、

じっくり耳を傾けさせていただいてます。

気が済むまで、どんどんお話を続けていただくことで、

その方の身体に溜まっているエネルギーを

放出していただいてます。。。

あ、そういえば、

チャクラをチェックするとき、

私が好んでよく使っているアロマの精油も

「解放」を促すブレンドのものでした。


自分の心を解放して、アロマのトリートメントやタロットで

さらにすっきりされて、

帰って行かれる方々をお見送りするたびに、

「良かったなぁ~。。。(吐き出せて)」と、なんだか安堵してしまう私です。

今日も、いろいろなお話をありがとうございました。(=^_^=)



-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-02-21 00:22 | スピリチュアル
昨年末、自宅サロンのアロマトリートメントで

うっかり受けてしまった妙なもの。。。

イヤな感じも、こわい感じもしなかったけれど。

それは、キャピキャピした、いたずら好きな女の子のイメージでした。

後から聞いたところ、その方もセラピストさんですが、

前日のお客さまから何かもらって頭痛が始まったらしく、

その時、若い女の子がお友達通しで、3人連れで来られたらしいのです。



背中から始めたと同時に、私の右手の親指に

飛び出してきた、何かをキャッチしてしまって、

その指の痛みを気にしながらの施術となってしまった事を反省。。。


トリートメントを始める前には、

オーラのチェックとクレンジング

チャクラのヒーリングを毎回することに決めました。

これがなかなか好評です。


なにも出てきそうにない、と思えても、

前もって準備しておくのは良いと思うのです。

フェイシャルする時だって、

メイクをされていない方にも、一応クレンジングから始めますしね。(笑)


アロマトリートメントの時だけでなく、

タロットセラピーのセッションでも、また別のやり方で、

チャクラのヒーリングをしてみると、これまた良い感じです。

でも、先日はセッションの後にしたのが、ちょっと失敗だったかも、、、でした。


その方のお話をいろいろ伺っていると、

部屋の中の空気が段々変わって、

煙で巻かれたような風になってきました。(?_?;

ん~。。。これは、ネガティブなエネルギーを放出されているからなのね。。。

そう感じたので、ベッドに寝ていただいて、

念入りに、精油の波動を使ってヒーリング。

ご本人も、すっごく気持ちよかった!と言ってくださり

私も満足。。。だったのですが。



翌日、サロンのお部屋の掃除をしていると、

セッション中、そばにあったグリーンに変化が!(◎_◎)

なんと!パラパラと葉っぱが20枚くらい落ちていたのです。

ま~。。。くらっちゃったのね、かわいそうに。(・o・)

やっぱり、まず最初にオーラとチャクラは整えてあげるべきでした。

植物って、敏感なのですね~。(v_v;)


でも、こういう事って、実は初めてではありません。

数年前、友人のアロマサロンで働いていた頃、

お客様が、とても悲観的なお話をされて、

その場の空気が、ドヨヨ~~ンとなった時がありました。(>_<)

その方が帰られてから、

そばにあった小さなグリーンが、数時間後に

根っこから腐って、ダメになってしまった事があったのです。(x。x)


お客様が悪いのではなく、

いろいろな思いをかかえて、助けを求めて来られたりするわけですから

こちらも、そのつもりで、

きちんと対処していかなくてはいけないのですね~。


ご自分では、気がついていらっしゃらなくても、

トリートメントやセッションが終わったあとに、

「私、けっこう疲れてたんですね。。。」とか、

「ストレス、それほど溜まってないと思い込んでいたのに、

 そうじゃなかったんですね。。。」

と、我ながらビックリ・・・されている方って多いです。


私は、自分自身で

「スピリチュアルアロマ」をもっと探求していく!と決めて

自宅サロンを立ち上げました。

そういうことに興味がない方には、普通にトリートメントしていますが、

それでも、私の方では目には見えなくても、

受け取るものが必ずあります。

人の肉体の奥。。。。というか、

その人のに触れさせていただくような、神聖な気持ちで

させていただいています。



人とのかかわりは、日々勉強になることばかりです。

いろいろな気づきを、ありがとうございます。m(__)m



-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-02-12 00:39 | スピリチュアル

思い浮かぶ光景

数年前、

アロマのフェイシャルをしていた時。

若くて、とても綺麗なお肌の方なのに、

ん~~?こんなところに、ひとつだけ不自然なニキビ。。。

お顔は、内臓を表にあらわすもの。

場所によって、何か問題があれば、

あ~胃腸が弱っているな、とか、

肝臓が弱ってそう。。。

と、ある程度、予想がつきます。


その方の場合は、

きのうから、できたばっかりのニキビだな。

と、じ~~~っとお顔に集中していると

ある光景が、脳裏に浮かんできました。


その女性が、誰かと話しながら何かを食べています。

きのうの夜中に、甘いものを食べているようでした。

そして、どうやら、仕事中のようだ

ということも、なぜだかわかりました。


カルテには、たしか職業欄に介護の仕事

と書いてあったと思ったけれど、夜中も働くのかな~???

看護師さんの間違いだったっけ???

フェイシャルを始める前に、

じっくりカウンセリングができれば良いのですが、

その職場では、時間の関係で

事前には、ごく簡単な事しか確認できていませんでした。



フェイシャル終了後、

「きのうの夜中に、甘いお菓子とか食べませんでした?」

と、お聞きすると、

「はい、昨日は夜勤だったので。。。

 お腹がすくので、夜中につい食べてしまうんです。」

とおっしゃいました。

やはり、介護のお仕事で、夜勤だったのです。

「お腹がすいたときは、

夜中には、もっと身体に良いものとか、

消化のよいものをとるようになさって下さいね~。

たとえば、おとうふとか~。」

と、笑いながら言うと、

とっても素直に

「あ!とうふ!良いですね。今度からそうします!」

と言っていただけました。

ふっと頭に浮かぶ光景って、

けっこう馬鹿にできないのですよ~。


人間って、

自分の身体のまわりのオーラに

情報を蓄えているそうですから。

たまたま、その中のひとつの情報を

引き出して、読んじゃったんでしょうね。


-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-02-05 01:17 | スピリチュアル

香りの守護聖人

マグダレーナ。

マドレーヌ。

マリー・マドレーヌ。。。。

どれもマグダラのマリアのことですね。

最近では、「ダ・ヴィンチ・コード」の小説や映画の影響で

その名前を見かけることが多くなりました。

イエスの伴侶だった。。。とも、娼婦だったとも言われていますが。

f0115690_02845.jpg


聖書の中では、「最後の晩餐」の前に

イエスに、スパイクナード(ナードまたはナルド)を

終油としてかけ、

儀式をしたことで有名です。

スパイクナードの香りは、私にはとても良い香りとは思えませんが、

当時は、非常に高価で聖なる香りとして貴重なものでした。

わらや、干草のような香りですが、

その頃の人々にとっては、

ほっと安心できる、なじみのある香りだったようです。

香りって、生活とも密接に結びついているのですね。

マグダラのマリアの肖像には、

常に香油の瓶と、ドクロが一緒に描かれています。

イエスの足にスパイクナードの香油をかけ、

自分の長~い髪で拭いたことから、

「香りの守護聖人」とされるようになったそうです。


イエスの死後、マグダラのマリアは

ふたりの子供であるサ・ラーや、聖母マリアなどと

エジプトへ逃げ、ほとぼりがさめた頃

南フランスのサント・マリー・ドゥ・ラ・メールの海岸に

流れ着いたと言われています。

f0115690_0241261.jpg

(右の写真は、サント・マリー・ドゥ・ラ・メールに行ったとき写したものです。
写っている人物は、一緒に行ったドイツ人の友人。♪)

エジプトで生まれた?サラは、「黒いマリア」と呼ばれ、

ジプシーたちの守り神として

毎年5月に、盛大なお祭りが催されています。

マリアの像も黒いものが祭られています。

この黒いのは、隠された。。。秘密にされた。。。という意味合いもあるようです。


晩年のマグダラのマリアは、

サントボームの洞窟に篭り、全裸を長い長い髪の毛で隠し、

瞑想生活を続けたそうです。。。



お菓子のマドレーヌもマグダラがらみ。

どうして貝の形をしているのか?は、

スペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラの巡礼にちなんでいるそうです。

巡礼者の印として、大きな貝を杖などにつけて歩くんですね。

マグダラのマリア関連のお話は、

この他にもたくさんあって、興味が尽きません。

私が愛用しているタロットとも深い結びつきがあります。。。。


-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-02-01 00:47 | スピリチュアル

リセットすること

レイキを学んで、自己ヒーリングの大切さを知り、
さらに、さまざまなエネルギーワークを体験していくうちに、
以前からずっと考えていた
スピリチュアルアロマを仕事にしていきたい!
という思いが、どんどんふくらんで
早く、早く私はスピリチュアルアロマがしたい!!と焦りが出てきました。

その思いが頂点に達したとき。
私は、解剖生理学もしっかり学べるアロマスクールに
入り直す決意をしました。

なんで、今さら?
もう、とっくに資格を取って、サロンや病院なんかで
働いてきたじゃない?
アロマの勉強はもういいんじゃない?
これからは、スピリチュアル方面に、もっと磨きをかければ?
友人たちには、そう言われたけれど。。。
確かに、そうかも知れないとは思ったけれど。


スピリチュアル、スピリチュアル。。。。と
その道を探求?していくうちに、
なんだか私は、自分がシーソーのはしっこまで歩き過ぎたように思えて。

もう一度、真ん中の位置、原点に戻ってみたくなったんですね。
私が、一番やりたいことって何だろう?
そう思ったとき、
やっぱりアロマテラピーが、ハーブが好きだ!と再認識したんですね。

そうすると、
それまで、アロマテラピーを自分なりに学んだつもりだったけど、
まだ自分は、アロマテラピストです!と胸を張って言えないんじゃないか?
そう思えて仕方なくなったのです。

世の中に、素晴らしいアロマテラピストさんたちはたくさんいらっしゃる。
私は、まだまだその人たちの足元にも及ばない。。。

そして、あるアロマスクールの初級コースで
一からやり直すことにしたのです。(数年前のことでした。)

このままスピリチュアルな方向に走り続けていたら、
なにか勘違いした人になってしまわないだろうか?と、
バランスを整えたくなった、ということもありました。

学び直してみると、
あ~、やっぱり私って未熟者だったんだ。。。と、
思い知らされること続出で。

へこんでしまう事も多かったけれど。
でも、自分をみつめ直す、とても良い期間だったと思います。

そして、解剖生理学のテストに向けて、ノートをまとめている時、
心と身体がつながっている、という内容を再確認しつつ、
またまたスピリチュアルな世界に引き戻される感覚がありました。

解剖生理学の分厚い本を読みながら、
感動でウルウルしてしまったり。(笑)

人間の身体って、何か見えざる存在に生かされているんだな~。
感謝だな~。愛だな~。なんて思いながら。

血液の中を24時間異物が混入しないように
パトロールしてくれている免疫機能。

常に保たれている塩と水のバランス。
解剖生理の先生もおっしゃっていたけれど、
身体のどこかが悪くなると、
ドミノ倒しのように、絶妙なタイミングで連携プレーが行われるのですね。

私たちの身体を守ろうと、
必死に無償の愛で働いてくれる細胞と組織たち。

本当に感動ものだと思いません???

それなのに、それなのに。
いつも当たり前みたいに、ボロ雑巾のようにこき使ってごめんね。
わがままばっかりで、大事にしなくてごめんね。
自分の身体に謝りたくなりました。

身体の細胞や機能の中には、
もしかしたら、その身体の一生にはお呼びがないかもしれない。
それでも、そのひとつの身体が何かあったとき、
守るために、待機してくれているものもあるんですね。

なんか。。。人間の一生にも通じるものがあるなぁ。

その人の人生があまりにも地味で、目立たず、
何かの役に立っていないように見えていたとしても、

必要だから、今、その場所にいる。

無駄な人なんて、ひとりもいないんですよね。

免疫機能の司令塔、T細胞はエリートさんばかり。
細胞のエリート学校でデキが悪いと、破壊されてやり直し~なんですね。
身体を正常に保つためには、ミスは許されないのです。

病気には、
自分の中の一部なのに、敵だと勘違いして攻撃してくるものもあります。

そんな風に狂いを生じさせるものは、
実は、人間の間違った思いだったりすることもあるんですよね。。。

性格と、病気の現れ方にも方程式のようなものがあるようです。
自分は絶対に正しい! 自分だけは間違えない!
そんな姿勢で突き進んでいくと、
いつのまにか善が悪になってしまうことも。

解剖生理学の本の中で、
ミスをして破壊されるエリート=T細胞のことを
「他者を思いやる寛容というものを学ばなければならない。。。」
と、書いてあるのを読んで、

「まるっきり、人間の世の中のことと一緒だなぁ~」
と、感動で泣きそうになった私です。

思いつくままに、書きつづって、
何が言いたいんだか、わけがわからなくなってしまいました。(-o-;)

最後のまとめとして、
「私たちの身体の細胞ひとつひとつには、ちゃんと意識がある。」
ということで。

解剖生理学を学んで、はからずも
またまた、スピリチュアルな世界の必要性を感じた私でした。

ひとつの事に偏りすぎたときには、
時々は、空気の入れ替えのように、
立ち居地のポジションを変えるように、
違った角度から見直してみると、よく見えてくることがあります。。。



-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-27 23:44 | スピリチュアル