アロマ、雑貨、フランス、日々のあれこれ...   ☆アロマティック・エスパス 「ローブルー」     


by bleu-aroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

パリの漢方薬局

パレ・ロワイヤルで見つけた

漢方薬のお店です。

f0115690_23543045.jpg



このお店には、500種類以上の薬用ハーブティーがあるそうです。

私がお店で買い物していた時も、

地元のフランス人の人たちが、

胃腸が悪いだの、眠れないだのと症状を薬剤師さんじゃなくて

フィトテラピストさん(確か国家資格だったと思います)に

相談して、お茶を処方してもらっていました。

痩せるお茶!なんていうのもあって、パリジェンヌに大人気だとか。

ここで、精油も数本買うことができました。

精油は、単品もありましたが、ブレンドされたものもいいな~

と見ておりました。

元気を出す!とか、リラックスとか、いろいろありましたよ。

ここでは、薬草がメインかと思いきや、

ナチュラル化粧品なども数多く取り揃えてありました。

お店の人に、

日本から持っていった雑誌(フィガロだったかな~?)の切り抜きを

見せて、「この記事を見てきたんです。」と言うと、

「日本の雑誌の取材はよく来るのよ。」とのこと。

「写真がきれいに撮れてるわね~。」と、喜んでくれました。

持っていった切り抜きはなくしてしまいましたが、

別の雑誌にも、こんな風に載っているのを日本に戻ってから発見!

f0115690_044518.jpg


ページの左下のところに、私が写したお店の玄関と同じ場所が写ってます。

日本からでも、FAXで注文できそうです。


ところで、最近私が毎日飲んでいるのが、コレです。

f0115690_094076.jpg


数日前のブログにも書きましたが、

精油でオーラやチャクラのセルフチェックをしていたら、

免疫強化してくれるローズウッドだけでなく、

ホルモンバランスを整えるクラリセージやゼラニウムも

今の私に必要、と出たのですが、

やっぱり、そうきたか。。。という症状が身体の表面に出てきました。


そこで、ツムラの「中将湯」。

100年くらい昔からある漢方薬のお茶で、

日本の女性のあらゆる婦人病の心強い味方です。

20代のころ、激しい生理痛で苦しんでいましたが、

これを飲んで改善できた経験があります。

今回も、月経がらみで。。。まだ更年期障害には早いと思いますが、

早い人は、30代でもなるらしいし、

私も身体は無理をしないよう。気をつけなくては。。。

飲み始めて、まもなく1ヶ月。

薬のおかげで、だいぶ楽になったけれど、

これからも、しばらく飲み続けるつもりです。

更年期障害なんて、いつ来るのか?

または軽くて知らないうちにすませられるのか?

今はまだわかりませんが、

ずっとその日に備えて精油で乗り切るぞ~~~!

と思っていたけれど、それだけじゃなく今のうちから

いろいろなアプローチも必要ですね。


-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/-*/

アロマテラピーの人気ブログランキングに参加しています。

アロマテラピーブログランキング

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
クリックしていただけたら、とってもうれしいです。o(^-^o)
[PR]
by bleu-aroma | 2007-01-28 23:55 | ハーブ